Aug.'09シンガポール ~ 観光 vol.3

2009年8月10日~14日

小さな国シンガポール。世界遺産を有していないので観光地としても特段有名な所はありませんが、意外と楽しい場所があったりします。

観光編も終盤。夜の部となります。

★゜・。。・゜゜・。。・゜ナイトサファリ☆゜・。。・゜゜・。。・゜

シンガポールに来たら必ずは立ち寄るであろう「シンガポール動物園」

昼間の動物園は10年前に来ています。
猛獣は別ですが、殆どの動物エリアに高い塀や柵がなく
「逃げないの???」って不思議に思っていました。
とても自然に近い感じがして、非常に面白かったことを憶えています。

さて、今回はそのシンガポール動物園、夜の部「ナイトサファリ」へ行って観ることにしました。

Dsc_3369 19:30~24:00まで営業。

園内をトラムに乗って案内してもらいます。

カメラはcameraflairngフラッシュがNGなので、動物の撮影はほぼ全滅ですねdown

Dsc_3371 トラムに乗る前に 19:00  20:00  21:00 の3回開催される「トライバル・ショー」を観るといいですね。

← コレ実際に観た時の写真なんですよcoldsweats02

ボルネオ島の先住民の音楽とダンスを披露してくれます。
客席からお客さんを呼び寄せたりして、結構笑いも取っていました。

だいたい30分ぐらいかなぁ

予約するとコレを見ながら食事が取れるらしいです。

ショーが終わると、大群となってトラム乗り場へ人が殺到します。 特に19:30頃はすごい人でしたsweat01

Dsc_3437 ←トラムを降りてからの水牛の群れなんですが、実際にはもう少し暗めです。

30分ぐらい掛けて、園内を一周します。途中、下車して徒歩での散策も出来ますが、ちょっと不気味shockでしたので、素直にトラムに乗っていました。

残念だったのは、トラが見えなかったことですね。

相手は動物なので、全てが全て観える訳ではないのでしょうけれど・・・

トラムが通る道路ギリギリに動物が居たりして、大人でも充分楽しめましたよhappy01

園内散策が終わると次は

「クリチャー・オブ・ザ・ナイト」
Dsc_3428 夜行性動物たちの生態や習性を紹介するアニマル・ショーです。

”たかがアニマルショー”とあなどるなかれ!

面白かったですgood


Dsc_3432 これなんて カワウソがゴミを分別してゴミ箱へ捨てているんですよ。

このカワウソの仕草が可愛いんだぁheart04






Dsc_3426 会場のお客さんが首に掛けているのは、大きなニシキヘビhappy02

このヘビの登場には会場が大盛り上がりshine

ネタバレになるので行く方は読まないでね↓

この大きなヘビは、最初から仕込まれていて、ショーの途中で突然「動物がいなくなったぁ!!」とスタッフが大芝居を打つのね・・・・するとスタッフが客席の中央部前方のお客さんを立たせると、その椅子の下にこのヘビが居たぁ~ということなの。そりゃぁ、びっくりよ!! (゚ロ゚屮)屮

↑あまりにも奇抜な演出で会場が一体になった感じでした。

正直なところ、あまり期待していなかったナイトサファリでしたが、内容の濃さには驚きました。
私達はお夕飯のタイミングを逸っしてしまったので、この日のお夕飯はたいしたものが食べられませんでした。ナイトサファリに行かれる時は、園内のレストランで済ませたほうが得策かもしれません。

★゜・。。・゜゜・。。・゜シンガポール リバー クルーズ ☆゜・。。・゜゜・。。・゜

これは夜がお勧め!

お洒落なレストランやバーなどが密集するボートキーからリバークルーズが運行されています。

Img_7814 30分ほどのシンガポール河遊覧なんですが、川沿いの景色を眺めるのは、違った目線で楽しいですよ。





Img_7816 川沿いにレストランやバーがありますので、賑やかな風景を観ることができるのは、日が落ちてからnight

私達は19:00頃に乗船しました。


Img_7841 ライトアップされたマーライオンを湾側から観ることができます。

夜景を見た後は、クラークキーやボートキーでbarと、いきたいところですね。

昼&夜共に見所満載ですねnotes

| | コメント (0)

Aug.'09 シンガポール ~ 観光 vol.2

2009年8月10日 ~ 14日

事前に日本でYahoo!天気予報でシンガポールのお天気を確認したら、滞在期間中はcloudrain
雨女の私の本領発揮かと思いましたが・・・何の実際にはcloudsunhappy01

観光編の中半です。ほんのちょっぴりセントーサ島をご案内しましょう。

★゜・。。・゜゜・。。・゜セントーサ島☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Img_7809 今のシンガポールを象徴する現在開発中の、シンガポール最短のリゾートアイランド”セントーサ島”です。

ユニバーサル・スタジオを含む「リゾート・ワールド」は2010年の完成を目指しているようです。

全ては完成していませんが、多くの観光スポットには足を運ぶことが出来ます。

裕に一日は費やされてしまいますので、計画的に回ることをお勧めします。

私達は私の体調を考慮して、アジア有数の規模を誇る水族館「アンダーウォーター・ワールド」とおまけにくっついてきたピンクイルカを観ることができる「ドルフィン・ラグーン」に行く事にしました。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

2007年に開通したばかりのモノレール「セントーサ・エクスプレス」を利用しました。

Dsc_3572 終点「ビーチ」からこのトラムに乗って、折り返し地点迄乗っていくと、お目当てのアンダーウォーターワールドへ到着です。

このトラム。厄介なことがあって、停留所の名前に全て「シロソビーチ」と付くので何が何だか????
結局、他の乗客の方が一斉に降りたので、付いていくとそこが水族館だったという御粗末な結果ですsweat01

確かに目の前には、シロソビーチが広がっています。

Dsc_3552

このトラムはシロソビーチ沿いに走るので、停留所名が全てシロソビーチなのねsweat01






。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

Dsc_3493 水族館アンダーウォーターワールドへ入るとすぐに、小さなサメにタッチできるゾーンがあります。

他にもエイに餌をあげられる水槽とか・・・

私はサメにタッチするのが限界でしたbearing

こちらの呼び物

Dsc_3525 Dsc_3524 Dsc_3534








私は日本国内の有名水族館piscesfishcancerに行ったことがないので、こうしたトンネル状の水槽が珍しかったわ。残念ながら餌付けタイムではなかったので、魚の食事シーンは見られませんでした。

コチラの入場券(S$22.9/大人一人)はドルフィン・ラグーンとセットです。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

場所が離れているので、島内を巡回しているバスに乗ります。

Dsc_3555 島内の移動に使われる乗り物は全て無料です。
島へ入る際に入島料を徴収されています。

バスは行き先によってラインの色分けがされています。

水族館→ドルフィンラグーンへは「レッドラインbus」を利用します。所要時間は10分ほどかな

ドルフィンラグーンへ到着すると、係りの人に急かされて走って砂浜の椅子に陣取ると・・・

ちょうどイルカショーが始まった所でした。

Dsc_3559

ピンクイルカが豪快にジャンプをしています。
ショー自体は20分ほどで終了しますが、なかなか面白かったですよ。
もう一回見ようとは思いませんでしたけどsweat01

ものの資料によるとピンクイルカは珍しいそうですよ・・・・フォローまでsweat01

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

今回、セントーサ島ではこの二つの施設しか見ていませんが、ランチも含めて3時間は費やしています。フルオープンになって、全てを満喫したいと思ったら1日では足りないかもしれませんね。

来年以降が楽しみなセントーサ島です。

Dsc_3569 Dsc_3579 Dsc_3583 Dsc_3584

ビーチの向こう側に見える タンカーship群が曲者downですが、これから発展するセントーサ島に期待しているワタクシです。

| | コメント (0)

Aug.'09 シンガポール ~ 観光 vol.1

2009年8月10日~2009年8月14日 
10年ぶりのシンガポールですfish

★゜・。。・゜゜・。。・゜マーライオン公園☆゜・。。・゜゜・。。・゜

はじめて訪れた時は、今回同様、ホテルのお部屋からマーライオンが臨めたので敢えて来なかったマーライオン公園。あの当時はライオンが水を噴射dashしていなかったのよね。現在とは場所が異なっていて、運河の対岸にありました。
(当時宿泊したのは、今回宿泊したパンパシフィックのお隣 マンダリン・オリエンタルでした)

やはりシンガポールに来たならここへは行っておかないとね

Dsc_3458 まだ暑くならないうちに、お散歩も兼ねて運河沿いをお散歩して、マーライオンへ向かいます。

やはり、お決まりのこのポーズで写真を撮っておかないと・・・ 観光客必須sign02

1





















日本人観光客は手でアレンジしたりして、このアングル撮影。
他の国の方は不思議そうな顔で眺めていましたeyesweat01

Sig_1 写真撮影だけが目的(?)だったマーライオン公園を後にして、地下鉄の駅「ラッフルズ・プレイス」に向かいます。





Dsc_3480 運河沿いの中国銀行の前には、こんなオブジェを発見。

一緒に混ざって会話してくればよかったかしら・・・







★゜・。。・゜゜・。。・゜アラブ・ストリート☆゜・。。・゜゜・。。・゜

シンガポール最大のイスラム寺院「サルタンモスク」ははずせませんね。

Dsc_3291 Dsc_3294

内部も見学できますが、入り口で靴を脱いで、短パンorスカートを着用しているとガウンを着なくてはいけません。

Photo 2

随所にコーランが置いてあります。決して豪美ではありませんが、とても幻想的で静寂な空気が流れていました。ちょうど今はラマダーン(断食)が始まったので、こちらのモスクも賑わいを見せていることでしょう。

Dsc_3298 モスク周辺には、小さなお土産屋さんが軒を並べています。

雑貨や布物などに目を奪われてしまうと時間が過ぎてしまいます。





★゜・。。・゜゜・。。・゜リトル・インディア☆゜・。。・゜゜・。。・゜

アラブ・ストリートから程近い所に、ここはインドか??と錯覚を起こしそうになる場所があります。

Dsc_3350 シンボル的存在の ヒンズー教の神話を表わした塔門が印象的な「スリ・ビーマカリアマン寺院」

本当に賑やかよね

圧巻とでも言うのでしょうかね・・・

Dsc_3351_4

















こちらも内部の見学が出来ます。

Photo_2 ちょうどお昼の時間だったのでとても賑やかでした。







Dsc_3365 Dsc_3366

シンガポールは小さな国ですが、通りをちょっと隔てただけで全く違う文化が広がっていて、民族博物館のような都市のように思いました。

Dsc_3346 Dsc_3348









グルメ編で触れると思いますが。この近くでかの有名な「フィッシュヘッドカレー」を食べた私達。辛かったわぁ~


★゜・。。・゜゜・。。・゜チャイナタウン☆゜・。。・゜゜・。。・゜

地下鉄から直結して大変便利な立地にあるチャイナタウン。

なんと!不覚にも写真が一枚も残っていない Σ( ̄ロ ̄lll)

見学した寺院「スリ・マリアマン寺院」が工事中で、ネットを掛けられていたので撮影意欲を削がれたのか、はたまた小さなお店が沢山ひしめき合っているチャイナタウンでお買い物に熱中しすぎたのか・・・・

とにかくお安いので、雑貨を購入するにはもってこいかもぉ

| | コメント (0)

Aug.'09 シンガポール~Prologue

2009年8月10日~8月14日 (3泊5日)

10年ぶり2回目となるシンガポールへ行ってきました。
(正確には2年前、チャンギAPにはトランジットairplaneで降り立っています)

Dsc_3465_2

10年前はこのマーライオンから水が出てなかったものねcoldsweats01

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Dsc_3261 Airは往路airplaneがJL711便 、復路airplaneはJL710便
という恐怖の夜便利用です。

今回は私の体調が極めて悪く、出発ギリギリまでキャンセルを考えていました。(胃潰瘍の治療薬の副作用が酷かったんですshock

私の体調を考慮して、夫がエコノミーからプレミアムEもしくはビジネスクラスへのUPをJALへ申し出てくれましたが、元々が正規料金ではないため呆気なくngdown

ならば、エコノミーでも快適に過せるシートを確保しようと、WEBチェックイン解禁と共に、最後列の2人がけトイレの近くのシートが取れましたscissors

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

ホテルへは深夜に到着し、気が高ぶっているのか私は殆ど眠れず・・・・

Dsc_3282

(ホテルお部屋の窓から)

朝日を浴びるマーライオンにご挨拶(?)

夫は速攻で、ホテルのビジネスセンターへ行ってpc、帰りのairplaneWEBチェックインをしてきてくれました。帰りは残念ながら、往路とは同じ席が確保できませんでしたが、最後列の4人席が空いていたのでそちらを確保。
結果がよかったhappy014人席でしたが、私達2人だけでしたので私なんて横になって寝てきましたよsleepy

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

今回利用したホテルは マリーナサイド側の

Dsc_3285

パン・パシフィック ホテル
(TAXI では 『パーン パシフィック マリーナサイド』と言わないと通じませんでした)

最高級ホテルではありませんが快適に過せました。
が、お部屋の造りがコネクティングルームの片方を利用する形なので、お隣の音が響いてくるのよね。。。。
お部屋を代えてもらおうと思ったけど、殆どがこのスタイルなのでどこへ行っても同じか・・・・

諦めましたthink

夜にはお部屋の窓からの夜景がステキなので。ヨシとしましょう。

Dsc_3445 Dsc_3454

2008年3月にオープンしたばかりの「シンガポール・フライヤー」

世界最大級の観覧車ですが、今回はパスしました。

Img_7806 シンガポールはアチコチで建設ラッシュ。後に紹介できるであろうセントーサ島は顕著。殆どが2010年つまり来年完成が予定されています。

カジノやリゾートワールドなど、来年以降はまた変わったシンガポールが期待できそうです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

お天気はカラっと晴れることはありませんでしたが、雨にも遭わず気温は高いですが湿度が低いので、日本の夏より過しやすいかも・・・

Img_7808 今回の旅行は、地下鉄subwayとTAXIcarを主に利用して移動しました。

シンガポール自体が小さな国ですので、地下鉄の路線は複雑ではないのですが、システムに付いていけなくてcoldsweats02地元のカッコイイお兄ちゃんに教えてもらって、私はご機嫌なのでしたhappy01notes

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

体調が良くない私は、ホテルライフかと思いきや・・・

100%戻ったわけではありませんが、休憩を多く取りながら、そこそこ楽しんできましたhappy01

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一つとして完結していない私の旅行記coldsweats02

今回のシンガポール旅行記は完結させたいと意気込みだけは充分にあるワタクシです。

| | コメント (0)