« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »

香港線、オマエもか・・・・羽田発

JAL ANA共に、7月から羽田⇔香港が就航されますね。

チャーター機では、時々あったようですが常時フライトは初めてですね。

羽田から上海へのフライトも先日始まり、近隣アジア線は羽田発が続々登場。

JALのスケジュールは以下の通り。

**************

羽田⇔香港線 週7便(毎日運航)
2008年7月1日~8月31日

JL8739便毎日運航 羽田 20:30発 香港 0:05(翌日)着
JL8730便毎日運航 香港 1:20発 羽田 6:30着

2008年9月1日~10月25日

JL8739便毎日運航 羽田 20:45発 香港 0:20(翌日)着
JL8730便毎日運航 香港 1:35発

羽田 6:45着

***************

時間帯からすると、完全にビジネス向けね。

夫は、このスケジュールでの香港出張は勘弁して欲しいbearing

と、懇願していました。

でも、羽田発は魅力的shine

成田空港へは車で行っている我が家。到着時間によっては帰れなくなってしまうので、車で行かざるを得ない。主だった幹線道路がないので片道4時間弱は掛かってしまう。

香港が好きなので、これからも行くことは何回かあるはず・・・・

空港までの利便性をとるか

フライトスケジュールを優先するか

実に悩む所です。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JAL → ANA へ?!

ここ何年か我が家が陥ってきた 『マイル貧乏』sweat01

 *『マイル貧乏』とは・・・・ 
  中途半端なマイル数が溜まってしまい、商品券にするには躊躇し
  ましてや、消滅にはもったいない
  そこで、無理して得点航空券に換えて旅行することを
  我が家では 『マイル貧乏』と呼んでいます。

ようやくこのマイルが消化できそうな目処が立ち、長年の『マイル貧乏』からの脱却かっsign02

永年、我が家はJALマイル積み立てで、JALairplaneが飛んでいる所はJAL使用でした。

ここへ来て、『マイル貧乏』からひとまず”足を洗う”ので、マイル積み立てを見直そうと思ったのです。

 ただ、夫の出張は、会社の指導で原則「日本の航空会社使用」とされていて、会社側もマイル積算に協力(?)してくれているのか、希望の航空会社でエアを手配してくれるようです。

 必然的に、JALかANAどちらかの選択となります。

airplane        airplane

これを知ってか、丁度いいタイミングで とあるクレジットカードのDMmailが、夫宛に舞い込んで来ました。通常だと、封も開けずにゴミ箱dash
この時ばかりは、興味津々に熟読。一定の条件さえクリアすれば、年会費は初年度無料。こんなキャンペーン初めてじゃないかなぁ。ここの会社のカード。

  ・・・・ってことは、JAL、ANAでも同じキャンペーン打つかしら・・・

やっていました ANAダイナース こちらは ボーナスマイルまで付加されています。(一定条件があります) JALダイナースにはこうしたキャンペーンはありません。

***********

Jal_05_360_270 B44

航空会社を変えることは簡単なことですが、クレジットカードを変えるのは大変なことだなぁwobblysweat01

と、思いつつも、ANAカードの申込書を書き始めたときに、ふと目に入った規約。

『いかなる場合も、家族のマイルを譲渡することはできません』
  (文面は正確ではありません

えっ?!

家族でマイルが合算できないの?! 

この衝撃は大きかったですね。

downdowndown

で、結局 JALのままでいましょうか coldsweats01 という結論に達しました。

ま、毎月やってくる情報誌 Agora や、年末のJAL美女カレンダー、相武ちゃんカレンダーが来なくなるのも寂しいしね・・・・と慰めるワタクシです。

こうなったら、旦那様に俗に言う『マイル修行』をしてもらって、JAL上級会員を目指してもらおう!昨年は後ちょっとの所で涙を呑んだので・・・・

毎回、ラウンジ使用&優先搭乗お願いしますよ 旦那様bomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『週末海外』

久しぶりの更新で恐縮です・・・・

なんとも進まなくて・・・人生初の飛行機搭乗顛末も中途半端に終わってしまっているし・・・

*************************

何事にも中途半端なワタクシ(自慢することではありませんがsweat01

本日のタイトルは書籍の題名

41p0pmex6fl_sl500_aa240_ 『週末海外』 吉田 友和 (著)

仕事が忙しいあなたのための週末海外!―サンデートラベラーの旅行&仕事術 (単行本(ソフトカバー))




この本を書店で手にした時の感想は
「下手に旅行好きな庶民のバイブルか!」
とばかりに感動し、即レジへ直行しました。
滅多に書籍には辛口の評はしないワタクシ。
(・・・だって、理解が足りていないと自覚しているので・・・)
一言・・・
「これって、みんなそうなんじゃないの???
 少なくとも、私達夫婦の旅行もコレに近いものだけど・・・」
中途半端な感が拭えない。もっと奥深いことを知りたいのになぁ
ちょっと、残念なワタクシです。
****************************
Img_6059 気分を変えて、てんとう虫型のムースでも食べながら、次の旅行を思案中・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年6月 »